TOP  >  プロフェッショナルから現場の「リアル」を学ぶ  >  大学院修了作品『彼女はひとり』が劇場公開へ!ゲスト:映画界に新風を吹き込んだ中川奈月監督
NOV 05, 2021 インタビューおすすめ

大学院修了作品『彼女はひとり』が劇場公開へ!ゲスト:映画界に新風を吹き込んだ中川奈月監督

母校への思い、恩師への感謝とともに撮影から公開までの紆余曲折を中川監督が語る!

大学院修了作品『彼女はひとり』で 奇跡の商業デビューを果たした 中川奈月監督をインタビュー。 大学院・篠崎誠教授の厳しい脚本指導、名キャメラマン芦澤明子さんとの出会い、そしてロケ地にもなった中・高母校・山手学院の思い出などなど、傑作『彼女はひとり』誕生の裏側に迫る ※立教大学・篠崎教授に加え、本作にも出演している山手学院・後輩OBも登場!

なお、インタビュー〈きっかけ編〉では、映画好きだった子供時代から、中・高・大学でのサークル活動、そして就活を目前に映画監督への夢を捨てきれず、立教大学大学院 ・篠崎誠教授の門を叩くまでの道のりを振り返る。

※立教大学大学院の恩師・篠崎誠教授が映画公開を祝して特別出演!

<Contents>

1:11 立教大学大学院・篠崎誠ゼミで学んだこと 4:12 脚本はどんな過程で制作されたのか 6:18 恩師・篠崎誠教授が当時を語る 12:13 映画のベテランスタッフ(芦澤明子ほか)からノウハウを吸収 15:14 主演の福永朱梨&金井浩人が秀逸だった 16:11 母校・山手学院高校がロケ地に。演劇部OBも参加 17:42 山手学院演劇部のお二人から中川先輩にエール 20:27 改めてかけがえのない作品『彼女はひとり』への思い 21:58篠崎教授から中川監督にエール 24:09 観客へのメッセージ

<中川奈月監督/プロフィール>

立教大学を卒業後、NCW(ジャパン・shシネマ・ワークショップ)にて映画制作を開始。その後、立教大学大学院映像身体学科にて『彼女はひとり』を制作。さらに東京藝術大学大学院映画専攻に進学し、『昼の迷子』『夜のそと』などを制作した。

芦澤明子©2018「彼女はひとり」
大学院修了作品『彼女はひとり』©2018「彼女はひとり」
本作品は立教大学大学院の修了制作として撮影された学生映画であるにも関わらず、脚本の完成度の高さか ら、撮影には黑沢清監督、深田晃司監督、沖田修一監督の作品などを多く手掛ける芦澤明子キャメラウーマン が参加。©2018「彼女はひとり」
映画『彼女はひとり』メイキングより

<作品概要>

本作品は立教大学大学院の修了制作として撮影された学生映画であるにも関わらず、脚本の完成度の高さか ら、撮影には黑沢清監督、深田晃司監督、沖田修一監督の作品などを多く手掛ける芦澤明子キャメラウーマン が参加。主演には、カンヌ国際映画祭へ出品、絶賛された深田晃司監督『本気のしるし』の福永朱梨。誰 にも愛されない孤独と悲しみから、他人を傷つけ、暴走していく澄子を繊細、かつ圧倒的な力で演じ、田辺・弁 慶映画祭 2019 では俳優賞を受賞。澄子に執拗に責められ、疲弊していく秀明を、『きらきら眼鏡』主演、大河 ドラマ『麒麟がくる』に浅井⻑政役に選ばれた金井浩人が演じている。なお、中川監督の母校・山手学院(横浜市)が主なロケ地として使われ、同校演劇部のOBも出演している。

©2018「彼女はひとり」

バックヤード・コムとは

エンタメの裏側を学ぶ
ライブ・ラーニング・サイト

SNSアカウントをフォロー

TOP  >  プロフェッショナルから現場の「リアル」を学ぶ  >  大学院修了作品『彼女はひとり』が劇場公開へ!ゲスト:映画界に新風を吹き込んだ中川奈月監督